Build

機能性の高い新築住宅

新築の真新しい床に暖かい暖房設備

家を新築する際、どのような間取りにしたらいいか、設備は何を付けたらいいか、いろいろと迷われることでしょう。予算も広さも限りがあるし、何を選んで何を捨てるか、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。そんな時に、意外に付けて便利な設備が床暖房です。床暖房はエアコンよりも空気が乾燥しないので、喉の弱い方やあらゆる年代の方に優しい暖房と言えます。また、寒さは下から来るものなので、足元が暖かいと他の暖房器具の使用が抑えられ、電気代等の節約にもつながります。特に皆の集まる居間などは、床暖房があるとくつろげるに違いありません。ホットカーペットよりも清潔に使用できるのも、嬉しいところです。

床暖房・どのような種類があるのか

新築の家に床暖房の設備を施す場合の注意点として、どのような種類の床暖房を選ぶのか、ということがあります。床暖房は大きく、電気ヒーターによるものと温水循環によるものに分かれます。温水式はさらにその熱原料により、電気、太陽熱や排熱などを利用したもの、ガス、灯油に分かれるのです。それぞれ長所・短所があり、何を選ぶのかは新築住宅のどの部屋を工事するのか、広さはどれぐらいか、などなどにより、異なってきます。例えば、燃料費に関しては灯油式が安いと言えますが、工事費に関しては電気式の方が安くなります。また、広いスペースを床暖房する場合と、狭い限られた部屋だけの場合では、向いている床暖房システムが異なって来るのです。ですので、どの程度の広さを工事するのか、また工事した場合1日どれぐらいの時間使用する予定なのかということを最初に確認し、業者と話し合うことが大切でしょう。夢の新築マイホーム、少しでも理想に近い家を手に入れるよう、研究しましょう。

Copyright © 2015 理想の住宅を建設する前に知っ得ハウス情報 All Rights Reserved.