Build

需要が高い新築

日本では新築住宅の人気がある理由

日本では、新築住宅の需要は昔から高いのが特徴です。例えば、アメリカやイギリスなどに比べると、新築住宅の需要が圧倒的に高いのです。その理由は、様々ですが、もともと戦後の日本の住宅は100年も150年も長い間住宅として利用することを想定していないため、古くなるほど味が出る欧米の住宅とは違うという点が挙げられます。また、日本人が新しいもの好きで、しかも潔癖症な点も新築住宅に住みたがる理由かもしれません。そして、機能的にも新しい住宅のほうが充実しています。例えば、床暖房やオール電化などがそれに当たります。また、住宅の造りも最近の住宅はリフォームしやすいものが多く、10年、20年経過してもそれほどお金をかけずにリフォームが可能なのです。

中古住宅の増加という問題点について

ですが、新築住宅が注目されている陰で、問題点も生じてきました。それは中古住宅の存在です。中古住宅は空き家になった住宅のうち、まだ使用に耐えら得るものを指すわけですが、人口減少(特に20歳から65歳までの労働人口の減少)に伴い住宅が余ってきているという問題があるのです。それにも関わらず新築住宅が人気があるからと新築住宅を建てつづけているため、さらに中古住宅の増加に拍車がかかっています。ですが、最近になってようやく中古住宅をこうニュする人が増えてきました。その理由は、中古住宅であってもリフォームやリノベーションをすることで、新築同様にすることができるうえ、新築住宅と比べてもその価格も安いからです。

Copyright © 2015 理想の住宅を建設する前に知っ得ハウス情報 All Rights Reserved.